スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追い込み中。 2008年10月07日 DTM トラックバック:0コメント:0

僧侶を使ってみたくて色々試行錯誤したんですがうちの環境では無理なのかな。
まず解凍で躓いてStuffitをアップデートする羽目になり、解凍はクリアしたもののVst To AU Adaptorに正規のプラグインではないと言われ、揚げ句の果てにLogic Expressを立ち上げたら僧侶がひっかかって危うくクラッシュしそうになり。
ううーん。
ここでわいやい言ってくれたら物凄くイメージ通りなんだけどな。


駄目元でMusic Studioと僧侶のwin.版を落としてCrossOver Macで走らせてみたら、一応立ち上がって一瞬DelayLamaが読み込まれているらしきダイアログも見えたんですが、今度はMusic Studioの使い方がこれまたさっぱり分からない。
しかも、わいやい言わせるためにはピッチベンドを弄らなくてはいけない=USB接続したMIDIキーボードをCrossOver Mac上のMusic Studioが認識してくれなくてはいけない訳で。
そんなことをしてくれるのかどうかは知らない訳で、そしてMIDIキーボードはまだ梱包されたままで。
最悪Logicで適当MIDIファイルを作ってインポートすればいいんだろうけど、それはなかなか作業効率が悪そう。
て言うか、僧侶を鳴らすための設定さえも分かっていない状態だし。


まあ、もうちょっと足掻いてみて駄目だったら諦めよう。
今日のところは取りあえず敗北。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://yanyan320.blog82.fc2.com/tb.php/28-a95b0350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。